対訳枠の使い方 >> 操作方法          
・ 「対訳君」の対訳枠は、検索の結果を「一文ずつ対訳で」表示します。
・ インターネットで検索する時のように、キーワードで検索はもちろん、
  熟語・AND・OR検索など方法は多彩です。
・ 簡単にユーザー対訳集が作れます。
マウスで検索クリップボード検索の指定をしておけば、タイプしなくても検索することができます。
連続表示窓を表示させると前後の文章を参照することができます。
  (※連続表示窓機能のない対訳集もあります)
画面    
対訳集の使い方
[対訳集]メニュー で登録されている辞書が表示されますので、作業内容によって辞書を使い分けることができます。

すべての辞書や個別辞書の他に辞書を組み合わせてグループ登録することや辞書の検索順序を変えることもできます。
入力方法
メイン枠から検索文字を引き渡す以外に、対訳枠の検索語入力欄に直接語句を入力することもできます。
また、[検索]メニュー→[本文の語をマウスで検索]で指定した方法で、対訳内からマウスで検索することや[検索]メニュー→[クリップボードの検索]で指定した方法で、作業しているアプリからマウスで検索することもできます。

[本文の語をマウスで検索] をダブルクリックで指定 
↓ 画像をクリックすると再生します

「クリップボードの検索」を[常に検索]で指定
メーラーでE-Mailを読みながら検索     
↓ 画像をクリックすると再生します
検索方法
検索語入力欄に入力後、[Enter]で指定した対訳集で検索を行う。
 
複数語検索  (語句をスペースで区切って入力する)    
          「take off」と入力し、[Enter]をクリックした場合   



熟語として検索
 





すべての語を含む項目を検索
 
  「AND検索」





いずれかの語を検索
 
  「OR検索」


便利な使い方
◎対訳をお気に入りに登録
頻度の高い対訳はお気に入りに登録しておくと便利です。



登録したい対訳の文末の[+]をクリックするとお気に入りに登録できます。



(お気に入りを表示)をクリックすると、登録したお気に入りを表示します

◎ユーザー対訳集を編集
いったん作成したユーザー対訳集も簡単に編集できます。



1.
編集したい対訳の文末の[編集]をクリック




2.
対訳画面が表示される




3.
対訳を編集して[保存]する

◎連続表示窓を利用する
対訳検索枠の中に表示されている「対訳」を文脈の中で見たい時[連続表示]の印があれば、前後の文章を含め全体を見ることができます。 内容の理解を深めたいときに便利です。



1.
前後を参照したい対訳の[連続表示]をクリック




2.
連続表示窓が表示される右端スクロールバーで前後の文章を参照できます

Copyright(c) 2008 MCL Corp. All Rights Reserved.