対応している対訳集 >> 「SENTENCE」朝日出版社
対応状況
見出しデータと例文データおよびデータ増量サービスに対応していますので、「SENTENCE」の全データを読み出すことができます。
検索については、英語・日本語の両方に対応しており、日本語検索では漢字カナ交じりの語も検索できます。
付属ブラウザでは、Windows版のみですが、「対訳君」では、WinでもMacでも利用が可能です。
   
動作確認
動作確認している商品の詳細は以下のとおりです
  • CD-ROM版 asahi press SENTENCE  (E-DICには対応しておりません)
使い方 
データをインストール後にインデックスを作成し「SENTENCE」を対訳集に登録する作業が必要です。
インデックス作成には、約80MBのスペースが必要です。また、メモリは512MB以上が必要となり、事前に他のアプリケーションを閉じておいて下さい。
1.「SENTENCE」のデータをHDにインストールする 
    「SENTENCE」付属の setup.exe を実行し、HDにインストールする
    「SENTENCE」内の「db」フォルダをHDにコピーする
       Mac os Xで変換できない場合は、こちらのQ&Aをご参照ください。

2. 「対訳君」をインストールし作成されたショートカットキーにより、「JDT for Taiyaku.exe」 を実行する
[ツール]→[SENTENCEのインデックス作成] SENTENCEのフォルダ 
   
3.  インストールされた[asahi press SENTENCE]フォルダを選択し、[OK]をクリックする   標準では、CドライブProgram Filesフォルダ内
 コピーした「db」フォルダを指定し、[選択]をクリックする 
4.[SENTENCEのインデックス作成]画面で、[インデックス作成]をクリックする  
※[インデックス作成]ボタンがアクティブない時は、フォルダの指定が間違っています
 
5.「対訳君」を起動し、対訳枠 [オプション]→[対訳集の追加と削除]
 
6. [サードパーティ対訳集の追加]で [asahi press SENTENCE]をクリックする

 インストールされた[asahi press SENTENCE]フォルダを選択し、[OK]をクリックする   標準では、CドライブProgram Filesフォルダ内
 コピーした「db」フォルダを指定し、[選択]をクリックする 
 標準では、CドライブProgram Filesフォルダ内
db」フォルダ

7.[対訳集の追加と削除]画面で、[保存]をクリックする     
利用上の注意点
  • CDのデータはMacintoshでもそのまま使えますが、増量サービスのデータはWindowsのsetup.exe形式になっているので、MacOS上ではインストールできません
     (作成されるデータ自体はMac版「対訳君」でも読めます)
  • データ増量サービスで新しいデータが追加された場合は、インデックスを作り直して、[対訳集の追加と削除]で以前の設定を削除し、再度[サードパーティ対訳集の追加] で 設定してください。
  • 製品付属ブラウザでは検索時に英語と日本語の検索モードを手動で切り替えますが「対訳君」は内部で自動判定します

Copyright(c) 2008 MCL Corp. All Rights Reserved.